ブランド品の査定の資格について

肌色美人クリーム

ブランド品の査定の資格というものは存在しません。
ブランド鑑定士というものはなく、ブランドの真贋を判定する権利は、そのブランド自身にしかありません。

 

 

世界中に数多くあるブランドの真贋を鑑定する知識を身につけるのは不可能であり、仮にショップでブランド品の査定の資格を持っているといったとしても、それは勝手に名乗っているにすぎません。

 

 

街中にある専門買取店では、必ずブランド品を鑑定する鑑定士がいます。
ブランド品を鑑定して品定めをするプロで、そのブランド品の価値をその人が決めます。

 

 

ブランド品鑑定士は、様々なブランド品の知識や価値を判断する基準を持っていますが、公的に認められた資格というわけではありません

 

 

ただ、ブランド品の査定をする人は、常にどのようなブランド品が流行っているのかをチェックしています。
また、鑑定するだけでなく、お客さんが探している商品を提供する販売スタッフとして働くこともあるので、様々なスキルが求められます。

 

 

ブランド品の査定の資格は特にないのですが、様々なブランド品の知識や情報を入手し、本物と偽者の見分け方が分かり、見極める目を持つ必要があります。見極める力がなく、誤って査定してしまうと、査定士として認められなくなります。

 

>>>ブランド品を高く売る賢い売り方はコチラ


関連ページ

ブランド品買取りの査定基準について
ギャランティのないブランド品でも売れる?
ブランド品の宅配買取りを利用する時の流れ
ブランド品の宅配買取りをする時に、申込みから査定、お金を受け取るまでどのような流れで進んでいくのか紹介しています。
未成年でもブランド品買取りは利用できる?