ブランド品の買取りをする際の査定基準

肌色美人クリーム

ブランド品を売る際の買取りの査定基準は、お店によって異なりますが、
査定基準はブランド買取のマニュアルや判断基準の規定などを元に判定するのが普通です。

 

 

これらを元にして、基準をクリアしたものは買取し、基準に満たないものは、理由をつけて返品するという形になります。
ブランド品買取りの査定基準は、買った時の状態が一つの基準になります。

 

 

従って、箱や保存袋、ギャランティカードなどがあると、評価は高くなります。
鑑定書や付属品も必須で、これらが欠けていると査定額が低くなります。

 

 

ブランド品買取りの査定基準は、状態の良し悪しも大きく関係してきます。
買取査定の前に、キレイに掃除しておくと評価が上がります。

 

 

バッグの中のホコリやゴミはしっかり取り除いておき、衣服はアイロンをかけておくことです。
そうすることで査定員の印象を良くすることができます。
新作や流行品は、時期も査定基準になります。

 

 

人気の時期が過ぎてしまうと、かなり安い額になってしまうので、査定額が高い内に買取してもらうことです。
ブランド品買取りの査定基準は、業者によって様々なので、いくつかの業者で査定してもらい、最も高額の査定が出た業者に買い取ってもらうのが一番です。

 

 

ブランド品を高く売る方法をもっと詳しく知りたい>>>


偽物をブランド品買取りに持ち込んだ場合

偽物をブランド品買取りに持ち込んだ場合は、罪になります。
偽物ブランド品とわかっていて、偽物を売ろうとすると罪に問われます。

 

 

リサイクルショップなどで、偽物のブランド品を売ろうとしたら、故意でなくても、店とのトラブルになる可能性があります。
偽物だと知っていて、本物と偽った場合、詐欺罪に問われる可能性があります。

 

 

質屋の目利きは、それほど甘くはなく、すぐにバレてしまいます。
いずれにせよ、偽物のブランド品を持っていって嘘をついたとしても、その偽物を買ってくれることはありません。

 

 

故意にという部分については、立証するのが難しい点もありますが、複数の店舗に偽物のブランド品を持ち込んだら、故意にと判断されるかもしれません。

 

 

トラブルについては、買取が店側の責任という考えのお店であれば、何もいってこないかもしれませんが、買取時に後日問題があった場合、返金に応じるといった書類にサインさせられることもあるので、いずれにせよバレます。

 

 

基本的に偽物をブランド品買取りに持ち込んだ場合、問題にならない訳がないと考えた方がいいでしょう。
まず買取には本人確認があります。偽物とバレたら、その場で警察を呼ばれることもあります。

 

 

ギャランティがない場合でもブランド品は売れる?>>>

関連ページ

ブランド品の査定の資格
ギャランティのないブランド品でも売れる?
ブランド品の宅配買取りを利用する時の流れ
ブランド品の宅配買取りをする時に、申込みから査定、お金を受け取るまでどのような流れで進んでいくのか紹介しています。
未成年でもブランド品買取りは利用できる?