ギャランティがないブランド品を売るとどうなる?

ギャランティがないブランド品を売る

ブランド品を売る時に、購入した時の付属品が全て揃っていないというケースがあると思います。

 

ブランド品を購入するとギャランティーカードショップカードといったものが付いてきます。
絶対に付いてくるとは言えないブランドもあるようですが基本的には付いてくると思っておいて良いでしょう。

 

これらのギャランティーカードなどは何となく購入時には不要なものといったイメージがあるのですが、このカードは正規品の証明となったり正規のショップで購入をしたということの証明ともなりますので必ず手元に置いておくべきものなのです。

 

 

特にブランド品を買取りしてもらおうと思うと買取業者によってはギャランティーカードがないと買取をしてくれないブランドもあります。
多くの場合、偽物が流通している可能性が高いブランドにそのようなことがあるのです。

 

付属していた袋や箱などとともにギャランティーカードやショップカード、それ以外の購入時についていたものは何でも手元においておくという方が買い取りに出すときには大いに役にたってくれる可能性があるのです。

 

ブランド品専門の買取り店であれば必ず鑑定をする人がいますが、オークションなどでブランド品を売る場合には、
相手がブランド品に対して一定の知識を持っているとは限りません。
そういった場合などは購入した時のレシートなども保存しておくことで相手側も安心して購入することができます。

 

また、ギャランティカードがない場合ブランド品買取り店に売る時にも注意が必要です。
海外で購入された場合などは査定士でも商品を見ただけでは本物かどうか判断をするのが難しい場合もあるそうです。
そのような場合、疑わしいものは例え本物だったとしても買取りをしないという買取り店もあります

 

ですのでギャランティカードはないよりは当然あったほうがいいということになります。
何でもかんでも簡単に捨てるのではなくブランド品に関しては付属品は全て捨てないくらいの気持ちのほうが間違がないのです。

 

 

ブランド品を少しでも高く売る方法が知りたい>>>


関連ページ

ブランド品買取りの査定基準について
ブランド品の査定の資格
ブランド品の宅配買取りを利用する時の流れ
ブランド品の宅配買取りをする時に、申込みから査定、お金を受け取るまでどのような流れで進んでいくのか紹介しています。
未成年でもブランド品買取りは利用できる?