ブランド品の売り方

ブランド品の売り方を知っていないと「思ったよりも安かった」と損をしてしまう可能性が高いです。
もう使わなくなったブランド品、あなたならどうしますか?

 

ブランド品というぐらいですから、やっぱりそのまま捨ててしまうのは勿体ないですよね。
できることなら少しでも高く売ってちょっとした臨時収入にしたい!と思う方が多いと思います。

では、高く買い取ってもらうためのブランド品の売り方について紹介したいと思います。
ブランド品の売り方で大きなポイントとなるのは3つです。

 

 

「売る時期」「売る場所」「売る方法」

 

 

この3つのポイントをしっかりと押さえてブランド品を売れば、何も知らずに単純に売るよりも
思っていたよりも高く買い取ってもらえて良かった!」という確率はグッと高まるでしょう。

 

 

 

本当はもっと高く売れるのに安く売って損をするという状況だけは避けたいものですね。

ブランド品の売り方その@「売る時期」

ブランド品の売り方で最初にポイントになるのが売る時期です。
これには二つの意味があって言い換えると発売時期と手放す時期です。
売るタイミングと言い換えてもいいかもしれません。

 

 

これは多くの人がすでに知っていることだと思いますが基本的にはブランド品に限らず
何かを売ろうとした時にその商品の状態というのは査定額に大きく影響します。

 

 

ブランド品の場合も同様に状態が良ければ良いほど査定額は高くなるのです。
またブランド品の中でも毎年新しいデザインが発売されているような洋服やバッグなどは
流行や流通の観点から見ても発売時期から間もないほうが高値が付きます。

 

 

洋服なんかの場合だと発売から4、5年経過していると10分の1以下でしか売れないということも珍しくありません
例外としては希少性のある商品や毎年出ているモデルの場合は現行のモデルよりも過去のモデルのほうが
人気が高いこともあるので発売時期から時間が経っていても高く売れる可能性はあります。

 

 

手放す時期に関しては洋服が分かり易いと思いますが、冬物は冬に、夏物は夏に需要が高くなります
購入する場合は逆に考えたほうが安く購入することができますが買取りをしてもらう時は
その商品にあった時期を選んで手放すというのがブランド品の賢い売り方です。

 

 

時計やアクセサリーであれば特に時期というものはないので大きな影響はありません。

ブランド品の売り方そのA「売る場所」

ブランド品の売り方で次にポイントとなるのが売る場所です。
部屋の大掃除や断捨離の一貫としてブランド品を手放す時に他の不用品と一緒にまとめて
買取りをしてもらったほうが楽だからといってリサイクルショップなどに持って行ってはいけません。

 

 

リサイクルショップでもブランド品の買取りをしてくれるところはありますが、高額査定は期待できません。
オークション情報だけを気にして買取り額を決定していることもあります。

 

 

また、洋服の場合だとブランド品としては扱われずグラム単位での査定になってしまう可能性もあります。
なんでも買取りしてくれるのでリサイクルショップは便利だと思いますがブランド品を高く売りたいと
思っているのであればブランド品を専門としている業者に売ることをオススメします。

 

 

自分の売りたいブランドが買取り強化のリストに入っているかどうかも目安になりますし、
その買取り店の在庫によっても査定額は左右されますので一概に大手が良いというわけではありません。

 

 

一円でも高く売りたいという場合には必ず複数の買取り店で査定をしてもらうようにしましょう。

ブランド品の売り方そのB「売る方法」

ブランド品の売り方で最後にポイントになるのが売る方法です。
どのようにしてブランド品を売るべきなのか?という話ですが、やはり高く売るためには比較をすることが大切です。

 

 

というのも先程少し説明したように同じブランド品の同じ状態のものでもその買取り店の在庫状況などによって
査定額は変わりますし、ある程度の相場はありますが買取り店側は安く仕入れて高く売りたいと思っているので
相場のギリギリの安値を提示してくるということが常識になっているからです。

 

 

しかし、ブランド品の相場に疎ければ提示された査定額が高いのか安いのかを判断することができません。
また、もっともらしい説明があれば「そんなもんなんだなー」と感じてしまうでしょう。

 

 

なのでブランド品の売り方としてはやはり査定額を比較して売ることが重要なのです。
そうすれば他の買取り店の査定額を基準にして交渉で査定額をアップさせて売ることができるようになるのです。

 

 

今はブランド品の買取りも出張査定や宅配買取りなどが充実していてキャンセル料や返送料は無料というサービスが
増えてきているので、そういったサービスを利用して手間をかけずに高くブランド品を売ることができます。

ブランド品の売り方Cオマケ

ブランド品の売り方を守って買取りをしてもらえばあなたはきっと損をすることはないでしょう。
最後に私が利用しているブランド品買取りサービスを一言メモと一緒に紹介します。
どのサービスも出張買取りや宅配買取りなので手間はかかりませんし、査定料やキャンセル料に至るまで
実際に売らなくても手数料がかかる心配はないので査定額を比較するのに利用してください。

 

 

買取プレミアム

 

 

一言メモ!
「無店舗出張型」の一番高額買取りが期待できるサービス
出張買取り・宅配買取りのどちらにも対応
出張買取りだと査定員が自宅に来てくれるので交渉や情報収集をするのに便利
申し込んだその日に自宅まで来てくれて買取り成立すればどの場で現金になる
査定額への印象は箱なしや傷ありでも買取りをしてくれるけど、ブランド品以外にも着物や骨董品の買取りをしていることからも、名前の通り価値のあるものをしっかりと高額査定してくれる
今までで一番売ったものが多いので最近ではそのまま即決することもアリ

 

↓査定申込み&過去の買取り実績はコチラ↓

 

 

 

ブランドリザーブ

 

 

一言メモ!
宅配買取りのみに対応
バッグなども買取りしてくれるけど基本的にはブランドの古着や小物の買取り
申込みをしてから買取りキットが届いて査定をしてもらって成立すると1週間ちょっとで振込
査定額への印象はハイブランドと言っても比較的手を出しやすいクラスのブランドの古着だと
思っていたよりも高かったり一番いい査定額が出ることが多い
古着、小物系のブランド品を売る時に利用

 

↓査定申込み&過去の買取り実績はコチラ↓

 

 

 

 

ブランディア

 

 

一言メモ!
宅配買取りのみに対応
申込みから買取り成立、現金が振り込まれるまでは大体5日ぐらい
とにかく買取り対象のブランド品が多くてホームページによると6000以上あるらしい
結構状態が悪いブランド品や自分の中ではブランド品と思っていなかったものも買取りしてくれる(カシオの腕時計とか)(笑)
査定額への印象は本当に高く売りたいと思っているものは他で売るけど、自分の中で元々微妙だと
思っていたものをまとめて送るので意外と高く感じることもたまにアリ
他では買取り不可だったブランド品、買取強化のブランド品がある場合や相場を知りたい時に利用

 

↓査定申込み&過去の買取り実績はコチラ↓

 

ブランド買取りで人気の高いブランド品について 

ブランド品が好きな人というのは男女関係なく世の中には結構いるものです。
もちろん、殆どの人は有名ブランドを新品で持ちたいと思っているでしょうが、有名ブランドで人気が高い商品というものは相当に値が張りなかなか手が出ないというのが実情と言えるでしょう。

 

そんな人は中古でも良いから欲しいという人も多く中古のブランド品の市場というものが成り立っているのです。
ブランド品に関してはブランド品を専門に買取りしてくれる業者がいます。
そうした業者に自分が持っているブランド品を持ち込むと買取をしてくれるのですが、買取金額というのは商品の状態によるところも多いのですが人気が高いブランドの商品は高く買い取ってくれるという傾向にあります。

 

 

そんな人気のブランドはシャネルやエルメスにルイ・ヴィトンということいになります。
これらのブランドの商品は人気が高いので業者側も買取をしてもすぐに流通していくというメリットが有るのです。

 

 

ただし、もちろんコピー品や偽物といったものは全く値段が付くことはありません。
正規の商品で状態が良いものが高い金額で買取をしてもらえる可能性があるのです。
仮に偽物を査定してもらったとしても「偽物です」と言われることはなく、あくまでも「この商品には価格が付けられません」などと言われます。
自分でも偽物か本物か区別が付かないならまだしも偽物を売ることはできないので査定に出すだけ無駄と言えます。

ブランド品の出張買取りのメリット

ブランド品の買取の方法の一つには出張買取という方法もあります。
文字通り買い取り業者が家にまで査定にやってきてくれるというもので、宅配買取の場合と同じく家から出ることなく買い取りをしてもらうことが可能となっています。
出張買取のメリットはそれだけではありません。

 

ブランドの査定士が家にまでやってきて査定を行ってくれるということになりますから、宅配買取のように一方向的なやり取りではなく双方向的なやり取りが出来るということが大きなメリットと言うことが出います。

 

 

つまり、一方的に査定額を出されるというのではなく会話ができるというところに大きなメリットがあるということになります。
なぜ、その査定額になるのかとかちょっとした価格交渉も可能となることもあるからなのです。

 

 

ただし、出張買取は業者側からわざわざ足を運んでもらっているという負い目的な部分からかなり査定額に不満でも断りづらいと言います。
基本的には査定額に不満なら全然、断って構わないのですがそうした傾向が少しあるということも了解したうえで利用するようにしたほうが良いでしょう。


ブランド品を売る時の必要書類について

ブランド品買取りは、商品を店舗に持って行けばその場で査定が行われ、査定額に同意をすればすぐに現金化することができる便利なサービスですが、取引を行うためには必要なものがあります。

 

買取りを利用する時には身分証明書を提示しなければならないというのは日本の法律で決まっていることであり、免許証や保険証、パスポートなどの身分が証明できるものを何か一つ持参することを忘れてはなりません。

 

また、ブランド品を売る時には店頭買取りの他にも自宅まで店舗スタッフに来てもらう出張買取りサービスも行われていますが、この場合も同様に身分証明書の提示が必要になります。他にも、家の近くに店舗がなく、店舗の出張エリアに家があるわけではないという人であれば、宅配買取りを利用することになります。

 

この場合にも同じく、身分証明書の提示が必要になるのですが、自分の身分証明書そのものを送るようなことはしません。
コピーを取っておいてそれを送ることになります。宅配買取りを利用する際には、荷物を送りつけるのではなく事前に連絡を入れて手続きに必要な書類を送ってもらうことになります。その荷物が届くまでに、買取りに出す荷物を用意しておくとともに身分証明書のコピーを取っておけば、荷物が届いてすぐに送り返すことができスムーズな取引ができます。

 

未成年がブランド品を売る場合はほとんどの場合親の同意書や委任状のようなものが必要になる場合が多いです。
また売るブランド品が高額査定のものになると(200万円以上など)住民票なども売る時の必要書類となることもあります。

 

宅配買取では、身分証明書以外にも必要な書類があります。店頭買取りや出張買取りでは、店舗スタッフと直接会って買取り金を手渡ししてもらうことになるのですが、宅配買取りの場合には買取り金は振り込んでもらうことになります。送られてきた荷物の中に振り込んでもらいたい銀行の口座番号を記入する用紙が入っているので、間違いなく記入する必要があります。


ブランド品を売る場合の宅配買取りと出張買取りの違い

ブランド品を売る場合、店舗持込みでブランド品を売ることもできますが、最近では宅配買取りや出張買取りのほうが自宅にいながらブランド品を売ることが出来るという点で人気になってきています。

 

では、ブランド品の宅配買取りや出張買取りで売る場合の違い、また売る時の店舗選びのポイント、それぞれのメリットデメリットはどのようなところにあるのでしょうか?

 

ブランド品の宅配買取りと出張買取りの違いは実際にお店の人と顔を合わせるかの違いや手間の違いです。
宅配買取りの場合、通常ですとブランド品買取りの申し込みをすることで、商品の梱包キットが届き、それをそのままブランド買取り店に送れば査定結果をメールなどで知ることができ査定結果に納得できれば売ることができます。わざわざ買取り店の人と時間を合わせてやり取りをするという手間もかからないのでより簡単にブランド品を売るということを考えれば宅配買取りのメリットと言えるのではないでしょうか?手間もかからない上に送料や、査定金額に納得がいかない場合は返送料も無料としている買取り店もありますので、複数の買取り店の査定額を比較して一番高い買取り店にブランド品を売ることで1円でも高く売るということが可能な方法と言えます。いわゆるブランド品の相見積で売るような感じですね!

 

ブランド品の宅配買取りの流れはコチラ>>>

 

ブランド品の宅配買取りで売るにはこのようなメリットがあるので店舗選びの際のポイントとしては、実店舗を持っていない宅配買取りだけを行っている店舗を選んで売ることがいいでしょう。そういう買取りサービスは実店舗を持っている買取りサービスに比べ、人件費や実店舗を運営するコストが抑えられているのでその分買取り価格に反映されていることが多いので高く売ることができ、先程も少し紹介したようにブランド品を査定してもらう際の送料や返送料無料となっていることが多いです。

 

一方でブランド品の出張買取りというのはブランド品買取りの申し込みをすると鑑定士が自宅まで来てくれて玄関先などで商品の査定から買取りまでを行ってくれます。こちらは鑑定士さんとのやり取りが生まれるのでそれを面倒に感じる方もいるかもしれませんが、売りたいブランド品を梱包する手間も必要ありませんので、一度に大量のブランド品を売りたいという場合なら逆に手間がかからないと言えるでしょう。出張買取りのその他のメリットとしては、ブランド鑑定士がその場でブランド品の査定をしてくれるので査定額がすぐにわかるという点と買取り額に対する交渉を行うことができるので交渉の仕方によっては査定額よりも高い買取り額を期待することができるでしょう。また、なぜその査定額なのか?という理由も商品ごとに直接聞くことができるので納得できるのではないでしょうか?ブランド品の出張買取りの場合も出張費や鑑定料は無料という店舗が多いので複数の買取りサービスで比較をすることでより高い買取り額でブランド品を売ることが可能となります。出張買取りの場合は直接やり取りをする分断りづらいという点も出てくるのでそういうのが苦手という人にとってはデメリットになるかもしれませんが・・・。

 

ブランド品を売る場合、宅配買取りと出張買取りですとこのような違いがあります。ただどちらにしても店舗に直接持ち込みをするよりかは手間もかかりませんし、高額買取りが期待できるサービスと言えるでしょう。注意したいのはチェーン店や実店舗を持っている買取り店の出張買取りや宅配買取りの場合、売りたい商品の送料や返送料が無料となっていてもその分が査定額から引かれていることもあります。なぜこんなことが言えるのかといとそのお店の店舗買取りの査定額と宅配買取りの査定額を同じ商品で調べてみたことがあるからです。(笑)

 

査定前に大まかな買取り相場額を知りたい場合

自分の売りたいブランド品にどれぐらいの価値があるのか知りたい時に、ある程度の相場を調べるためにはオークションや楽天市場などの中古品の価格を見ておくことはとても参考になると思います。鑑定士と直接交渉をする際の材料にもなるでしょう。もちろん売りたいブランド品の状態によって査定額は高くもなるし安くもなりますが、相場を知っているということは役に立ちます。ただオークションなどでブランド品の相場を調べる時に注意しておきたいのは、出品額ではなく落札された金額というのがそのブランド品の「売れる金額」ということです。正直出品されている金額というのは出品者が決める「売りたい金額」であってこれでは相場はわかりません。これはブランド品の買取りに限ったことではありませんが、交渉の際に「オークションでこれぐらいの金額で売られていた。」と言ってもそれは意味がありません。また、ブランド品の買取りで最も高く買い取りをしてもらえるものは「人気があるけど数が出回っていない商品」です。「価値はあるけれど欲しい人がいない(人気がない)」ブランド品や「人気はあるけど出回っている数が多い」ブランド品などは査定をしてもらっても思ったより安いなと感じることが多いです。これはあくまでも個人的な意見ですが・・・。少しでも買取り額をアップさせて売るために重要なことは多くの買取り店の査定額を比較して交渉をすることと、付属品や袋などをセットにしてできるだけ良い状態で査定をしてもらうことが近道と言えるでしょう

 

ブランド品の査定基準についてもっと詳しく知りたい>>>

 


ブランド品を売る時に知っておきたい豆知識

ブランド品を売る時に知っておくと役に立つ、そんな豆知識を紹介していきたいと思います。

 

高く売ることができるブランド品とは?

高く売ることができるブランド品とはどのようなブランドのことをいうのでしょうか?
あなたがブランド品を売る時に「高く売ることができた!」と感じるのはどのような査定額の時かを考えてみましょう。
これはおそらくそのブランド品を購入した時の価格と査定額に開きが少ない場合にそう思えるのではないでしょうか?
つまり、査定額が同じ50万円で、売ることができたとしても購入に100万円していたなら査定額は安く、80万円だと査定額は高いと思うことでしょう。
このことを買取り業界では「買取り率が高いブランド」と言っていたりします。
私も過去に一度だけ購入した金額よりも高く売ることができたブランド品があります。

 

高く売ることができるブランド品とは買取り率が高いブランド品と言い換えることもできます。
では、私の経験から買取り率の高いブランド品がどのようなものかというと、ロレックスルイヴィトンです。

 

実は過去に一度だけ購入した価格よりも高く売ることができたブランド品があったのですが、
それがロレックスのGMTマスターIIRef.16710 BK/RDでした。
購入した時は中古で32万円ぐらいだったのですが売ることができた時の査定額は35万円でした。

 

購入した時1ドル100円を切る円高の時で売った時は100円を超えていたので為替の影響もあったと思うのですが、満足の行く取引でした。
知り合いの話を聞いてもロレックスはかなり買取り率が高いですし、相変わらずの人気なので高く売れますし、相場が安定しています。
購入する時もロレックスの相場を見ながら安い時を狙って買おうと思っていましたが、なかなか急激に安くなることがありません。

 

逆に、カルティエやシャネルの時計なんかは新品で購入しても売る時には定価の半額以下だったこともあります。
いくら定価が高くても買取り率の低い時計だとガッカリすることが多いですね。
なのでこれから売ることも考えて時計を選ぶのであればロレックスがオススメです。

 

その他に、購入金額より高いことはありませんでしたが、それなりに満足できる査定額が多かったのがルイヴィトンです。
ルイヴィトンの場合は買取り額が高いというよりも「えっ、こんな状態でも売れるの?」というものでも値段が付くという印象が強いです。

 

ロレックスにしてもルイヴィトンにしても、限定品や〜モデルの商品よりも定番のモデルのほうが需要も常にあるので安定して高値で売ることができるという印象です。

 

それ以外のブランド品はどれぐらいで売ることができる?

買取り率が高いロレックスやルイヴィトンですが、それ以外のブランド品はどれぐらいの価格で売ることができるのでしょうか?
買取り率が高いブランド品以外だと高値の限界は大体定価の70%程度と言われています。

 

しかし、現実としては新品未使用品だとしても売る場合は定価の50%以下となってしまうことがほとんどです。
売る時の金額だけ見れば、家や車のように新品で購入しても購入した瞬間に損をしてしまうということですね。
なぜなら新品だとしてもアウトレット品や並行輸入品などで新品だとしても値崩れを起こしてしまうからです。

 

このようなブランド品を一円でも高く売りたいと思うならネットオークションがいいかもしれません。
需要があって売ることさえできればおそらく一番高い金額で売れることでしょう。
これはあくまでも個人的な意見ですが、ノーブランド品でも買取りをしてくれるブランド品買取りは高額査定が出ないです。
洋服を売る場合だと結構ノーブランド品でも買取りますというサービスも多いですが、やはり有名ブランドを高く売るなら有名ブランドのみを取り扱っているブランド買取りの専門店、そして強化買取りの項目に自分の売りたいブランド品が入っているお店を選ぶのがいいと思います。

 

査定額を少しだけ高くして売るには

基本的なブランド品を高く売る方法についてはこちらですでに紹介した通りなのですが、
ある程度査定額が決まっている状態で少しでも高く売る方法について少し紹介したいと思います。
まず、付属品を出来るだけ揃えて売るということです。
高額なブランド品を売る場合は特に重要なのですが、ギャランティーカードや保存袋、その他の付属品などを全て揃えておくと査定額が少しアップします。
とは言ってもわざわざ買い物袋をネットオークションで落札するということまではする必要はありません。
次に、まとめて売るというのも買取り額がアップする理由にもなります。
買取り店によってはまとめて売ることで査定額をアップします!というようなキャンペーンを行っているところもあります。
これらの要素はあくまでも査定額を少しアップさせて売るためにやってみればどうですか?というような内容です。
実際には複数店舗の査定額を比較したほうが買取り金額には大きな差が生まれます。
申込みが面倒な場合は最近ではライン査定などで写メをアップするとおおよその査定額を教えてくれるサービスなどもあるので
そういったサービスを利用してどこに売るべきかを検討してもいいと思います。

 

ブランド買取り店が認めているブランド品を知っておこう!

先程もブランド品と言っても買取り店が認めるブランド品と一般的なブランド品は異なるということに少し触れましたが、
高額買取りが期待できるブランド品というのはいわゆる有名ブランド、ハイブランド、一流ブランドと言えるものです。
例えば、ルイヴィトン・エルメス・カルティエ・シャネル・ロレックス・オメガ・フランクミュラー・ブルガリ・ボッテガなどなど。

 

逆にブランドと言えど高値で売ることは難しいだろうと思われるブランド品としては、
バーバリー・コーチ・ティファニー・ポーター・プラダなどなど。

 

もちろん、物によっては上記のブランド品でも高く売れたり安く売れたりすることもあるかもしれませんが、
流通量の多いブランド品というのは基本的に高値で売ることはできないと思っておいたほうがいいでしょう。
また、このようなブランド品を一緒くたにして買取りをしている店舗もありますが、そういったお店の場合、
本当に高く売れるものに高値が付かないということがよくあるので気を付けましょう。

 

 

 

更新履歴